インターネット記事

【茨城県古河市】高齢者施設の入所者殺害か 35歳の元職員逮捕




去年、茨城県古河市の高齢者施設で、入所していた当時76歳の男性の血管に空気を注入して殺害したとして、当時、この施設に勤めていた35歳の元職員が殺人の疑いで警察に逮捕されました。逮捕されたのは、茨城県古河市大和田の無職、赤間恵美容疑者(35)です。

警察によりますと、去年7月、当時、介護職員として勤めていた古河市仁連の介護老人保健施設「けやきの舎」で、入所していた吉田節次さん(当時76)の血管にシリンジと呼ばれる器具を使って空気を注入して殺害したとして殺人の疑いが持たれています。

吉田さんはこの日、容体が急変して搬送先の病院で死亡し、警察は不審な点があったことから、施設の職員から話を聞くなど捜査を進めていました。

その結果、吉田さんの死因が血管に空気が入ったことで血流が妨げられる空気塞栓症とみられることや容疑者が関わった疑いがあることが分かったということです。

警察は今後、事件の詳しいいきさつを調べることにしています。警察は捜査に支障があるとして認否を明らかにしていません。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211208/k10013380451000.html

注目ニュース