インターネット記事

【明日の日本】2025年、中国では大人用おむつの売り上げが幼児用を上回る

ファイナンシャル・タイムズのレポートによると、中国における大人用おむつの売上高は、2025年までに乳幼児用おむつを超える可能性があるという。

中国では出生率の低下に伴い、人口の高齢化が急速に進んでいる おむつ販売のターゲット層の変化を受け、一部のメーカーは大人用おむつにマーケティングを再集中させている、とファイナンシャル・タイムズは報じている。

中国のおむつ市場は転換点に迎えているようだ アナリスト、投資家、メーカーからのデータを引用したフィナンシャル・タイムズの記事によると、中国では急速な高齢化と少子化のため、2025年までに、大人用おむつの売上高は乳幼児用おむつの売上高を上回る可能性があるという。

2050年までに、3億3000万人の中国人が65歳以上の高齢者になると見積もられている。 中国の出生率は低下していて、2020年は1952年以来の最低水準を記録している。

このような商品購買層の変化を受け、一部の紙おむつメーカーでは、ターゲットとなる高齢者に製品をアピールするためのマーケティングを再構築しているところだ。中国でおむつを販売しているトップ企業のであるユニ・チャームもそのひとつ。

ファイナンシャル・タイムズは、同社に近い情報筋の話として、ユニ・チャームは現在、乳幼児用おむつよりも大人用おむつのマーケティングに資金を投入していると報じている。

引用元:https://www.businessinsider.jp/post-246981