インターネット記事

【島根県雲南市】コロナ禍でニーズ高まり生まれた新しい高齢者見守りサービス

コロナ禍で家族との距離が遠のく中、高齢者の健康を見守る新しいサービスが島根県雲南市で産声を上げています。

「こんにちは!ナスくるです」 雲南市三刀屋町で、一人暮らしの高齢者のお宅を訪問したのは、看護師の宮本裕司さん

「じゃあお熱の方を測らせていただきます」1カ月に2回この家を訪問し、体温や血圧、血中の酸素濃度の測定など体調のチェックをしています。

実はこれ、いわゆる『訪問看護』ではなくコロナ禍で生まれた新サービスです。去年10月にサービスを開始し、看護師など5人が活動しています。

コミュニティナースカンパニー・青山美千子さん:「コロナが流行する中で、ご家族と高齢者が頻繁に会えなくなったと知った」

一般的な訪問看護は保険が適用されるため、比較的安くサービスを受けられますが、医者の診断が必要で病気で通院が困難な患者などに対象が絞らます。

ナスくるは保険適用外なため高くなりますが、対象者の制限はなく、だれでも看護師による見守りサービスと受けることができます。

サービスを受ける古山冏さんは、コロナワクチンを接種後、埼玉で暮らす息子から経過観察をしてほしいと要望がありナスクルの利用を始めました。89歳の古山さんは元中学校教師でお話が大好きです。3年前に妻を亡くし、話す機会が激減していたため、ナスクルが心の支えになっているといいます。

古山さん: 「人と話す生活だったから1人暮らしというのは苦しい。やっぱり人と話すとほっとします」

冏さんの息子・埼玉県在住の古山徹さん: 「あの年にしてはすごくしっかりしている人なんですが、一人になったのと高齢になったことですこし弱気になっている。そういう意味でも話ができるということは本人も喜んでいる」

訪問後、事務所に戻った宮本さんが打ち込み始めたのはその日のレポート。

コミュニティーナスカンパニー・宮本裕司さん: 「きょうのご本人さんの様子や血圧の値、楽しかったことだったり、ご家族が安心してもらえるように丁寧にお伝えできれば」

利用者は雲南市を中心に10世帯と始まったばかりです。 カンパニーには今後、県外にも拠点を作りサービスの拡大を目指しています。

引用元:https://www.fnn.jp/articles/-/272722

注目ニュース