インターネット記事

【大阪 平野区】高齢者施設の入居者 職員殺害後に自殺か

17日朝、大阪 平野区の高齢者施設で、68歳の職員の女性が頭から血を流して死亡しているのが見つかりました。近くの駐車場では、72歳の入居者の男性が死亡していて、警察は、職員を殺害したあと自殺したとみて調べています。

17日午前6時半ごろ、大阪 平野区長吉川辺の住宅型有料老人ホームで「駐車場に人が倒れている」と、出勤してきた職員から消防に通報がありました。警察と消防が現場に駆けつけたところ、この施設に入居する72歳の男性が倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認されました。

施設の1階にある職員が使う部屋で、夜勤の業務にあたっていた近くに住む榊真希子さんが、頭から血を流して死亡しているのが見つかり、頭に殴られたような傷が複数あったということです。

警察によりますと、死亡した男性が住んでいた7階の部屋からは血のついたハンマーが見つかり、ベランダには脚立があったということです。このため警察は、榊さんを殺害したあと、7階の部屋から飛び降りて自殺したとみて、当時の詳しい状況を調べています。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211117/k10013350891000.html

注目ニュース