インターネット記事

中高年ファンが涙する…激戦必至の若き2人の激突 大日本11・16後楽園決戦を見逃すな

中高年の男性ファンを感涙させるほどの熱いバトル 大日本プロレスBWJ認定世界ストロングヘビー級王者・野村卓矢は、10・18後楽園ホール大会で「ストロングBJの象徴」関本大介をドラゴンスープレックスホールドで仕留めた。

関本の怪物級の圧倒的パワーに押され、頭突きで流血し何度も危ない場面があったが、持ち前の負けん気全開ではね返し、見事、防衛に成功している。

野村と大日本にとって大一番とあって、客席で涙するファンが何人かいた。中高年の男性ファンが、みな顔を上気させ興奮ぎみに口にした。

11・16後楽園ホール決戦の挑戦者は青木優也。ZERO1の大谷晋二郎を彷彿させる熱い熱い男で、イケメンというよりもハンサムと言う方が来る“昭和の二枚目”だ。「巨人の星」の星飛雄馬に似ており、それこそ瞳の中に炎が見えるようで近くにいると熱気を感じる。青木の周囲は一気に温度急上昇、熱帯地方になる。

ヘビー級に転向以来、試行錯誤しながら経験を積んでいる青木は、将来を嘱望される25歳の有望株。「覚悟を持って挑戦する」という青木に、王者・野村は「お前の言う覚悟を見せてみろ! どちらの覚悟が上回るか勝負だ」と迎撃態勢を整える。

かわいらしい顔に似合わず、激しい試合をする野村を「あの殺気はマジでヤバい。怖い」と評する他団体の選手も多い。28歳になったばかりの野村だが、昭和の新日本プロレスやUWFが大好きで、試合映像を繰り返し見ては研究しているという。

一撃必殺の技にもこだわり、現在では投げっぱなしの多いドラゴンスープレックスも、野村はホールド。「若手の怪我は経験不足から起こり、ベテランの怪我は怠慢から起こる」という今は亡き鬼軍曹・山本小鉄さんの言葉に感銘を受け、日々ブリッジとストレッチは欠かさない。

野村の考え方は「温故知新」。古いものはダサいなどと否定しない。だが決して懐古趣味でもない良いところは参考にして、今を頑張り、未来を向いて進んでいる。

大日本の鬼軍曹・岡林裕二は「どんな試合になるのか、若い2人のこの一戦に注目している。自分もまた挑戦したいと思っている。だからすごい試合をしてベルトの価値を上げてほしい」と熱視線を送る。

引用元:https://encount.press/archives/240308/

注目ニュース