インターネット記事

【大津市消防局】高齢者施設での火災への備え 動画で解説

高齢者施設での火災に備えるため、大津市消防局は避難の方法やポイントを解説する独自の動画をホームページで公開し、注意を呼びかけています。

この動画はこれまで定期的に行っていた高齢者施設での避難訓練が新型コロナの影響で難しくなっているため、大津市消防局がことし、独自に制作しました。

動画は10分余りで、高齢者福祉施設で火災が起きた際、施設の職員がどのような点に注意して避難誘導を行えばよいかなどについて消防局の職員が解説しています。

動画では消防が火災を覚知してから現場に到着するまでおよそ7分かかるとして、ただちに外に避難させることが難しいときは施設内の安全な場所に一時的に避難させることも必要だと呼びかけています。

その場合は、できるかぎり炎から離れたうえで消防隊が救出に向かいやすい階段やバルコニーの部分が適切だとしています。

高齢者施設での火災は施設の職員が少ない夜間に起きることが多いということで、動画では動けない高齢者をシーツなどを使って少人数で搬送する方法も紹介しています。

大津市消防局はこの動画をホームページで公開しているほか、市内のおよそ140か所の高齢者施設にDVDなどを配って注意を呼びかけています。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20211108/2000053584.html

注目ニュース