インターネット記事

結婚経験無しの男性高齢者、日本は7.7%・米国は7.8%…日本も含めた諸外国の高齢者の結婚状況

現在高齢者の立場にある人は、結婚相手とどのような関係にあるのか、あるいは結婚未経験状態なのだろうか。日本だけでなく諸外国の実情も含めて、内閣府が2021年6月に発表した「高齢者の生活と意識に関する国際比較調査」の最新版から確認する。

相方と同居状態にあるか、健康や介護の事情で別居状態にあるか、仲違いなどの理由で別居したり離婚しているか、相方は亡くなっているか、結婚経験がまだ無い人か、おおよそこれらの状況のいずれかであることから、現状について択一回答で答えてもらっている。

注意しなければならないのは、今調査は当然回答者が生存しているのが前提で、老人ホームなどに入居していない人であるため、健康寿命が長い女性の方が男性よりも高齢者率が高いこと。 男女比率は成人以降では女性の方が多いのだが、年を取るに連れ差は開いていく。

従って、どの国でも男性より女性の方が「相方は死去」の回答率が高い。 セカンドライフにおいては、互いに縛られない自由な生活を過ごしたいとの思惑もあるのかもしれない。

他国とは大きな違いではある。 日本の平均寿命が長いことと合わせ考えると、国による高齢層におけるライフスタイルの違いが透けて見えてくる。 日本の高齢男性は相方の女性に頼りがちとの話もあるが、数字の上ではそれは確かなようだ。 当たり前の話ではあるが、回答者は生存している以上、相方が亡くなっている可能性は回答者の年齢が上になるに連れて増加する。 60代前半では6.7%のみだった「相方は死去」も80歳以上では4割強となる。

見方を変えれば、子供や孫、サポーターがいない限り、この半数以上の人は一人暮らしをしていることになる。 余談ではあるが、国別・年齢階層別に見た、「結婚経験無し」の人の割合。 中には異性と同居・同棲などの経験がある人もいることが予想されるが、結婚状態になった経験が無く60歳以上の人は、これだけ存在することになる。 60代前半でもドイツでは1割を超え、日本でも8.2%確認できる。

年を取るに連れて回答率が低下するのは、今は昔と比べて結婚にこだわる人が減っているからなのか、結婚経験が無く同居人がいない可能性が高い人は死亡リスクが高く、回答に加わることができなくなるのか、今件調査結果からのみでは推測すら難しい。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20211106-00266155

注目ニュース