インターネット記事

【岩手県二戸市】地元食材の手作りピザどうぞ 高齢者に無償配布、即売も

二戸市の馬場園芸=馬場淳代表=は7日、同市浄法寺町の同社の農産物加工場「フィールドキッチン」で、地元の食材で作ったピザを提供する「日曜ご馳走(ちそう)プロジェクト」を初開催する。

地元企業と住民などが手をつなぎ、地域を支え合うプラットフォーム(基盤)づくりを目指した試み。同地区の1人暮らしの高齢者に無償でピザを届け、一般にも販売する。

プロジェクトは馬場代表が発案し、市社会福祉協議会が運営するボランティア活動センター浄法寺(昆智恵子委員長)と、同社が連携して企画した。

食材には、完熟ミニトマトなど地元産の旬の野菜を使用し、多くは農家からの寄付で集めた。生地に用いる小麦は全て国産で、味付けに化学調味料を使わないなど、食の安全とおいしさにこだわった。

7日は市立浄法寺中の生徒有志や住民ら約50人がボランティアで参加し、ミニトマトを煮込んだソースやホワイトアスパラガス、生ハムなどを使ったピザを手作りする。1人暮らしの高齢者ら約100人に配達し、食べる喜びを届ける。

一般向けには、同校体育館の隣にある「フィールドキッチン」で午前11時から、1枚1200円(税込み)で販売する。150枚限定。収益金は来年度以降の運営資金に充てる。

馬場代表は「食材の調達や、ピザの配達などプロジェクトの活動に関わることが、住民の社会参加や生きがいにもつながる。今後も地域の力で継続していきたい」と話している。

引用先:https://www.daily-tohoku.news/archives/84628

注目ニュース