インターネット記事

60歳で税理士になった男性「仕事がない」【中高年資格ブームの現実】

生涯現役時代と言われても、今の仕事でいつまで食べていけるのか……そんな不安から新たな資格取得に励む中高年が増えている。そこから泥沼に嵌まる人も多いという。

埼玉県某市の職員・吉田保さんは、数年前の同窓会で友人にこんな話を聞かされた。

「人生100年時代を乗り切るためには、少しでも長く働くこと。 だから俺は税理士の学校に通っているんだ」

老後の生活に不安を感じていた吉田さんは友人の言葉に刺激を受けた。資格学校のパンフレットを取り寄せ、自身も資格取得に乗り出した。生来真面目な性格の吉田さんは勉強に励み、3年で税理士の資格を取得した。

「合格の通知を見て舞い上がってしまったのでしょう。 その後大きな買い物をしてしまい、今は後悔の毎日です」

今、シニア世代の資格取得への挑戦がブームとなっている。吉田さんが挑戦した税理士の試験は、2015年は全体の合格者が6902人で、20年は5402人に減少しているのだが、41歳以上を見ると1199人から1334人に増加している。

同じ士業で人気の高い司法書士試験も50歳以上の合格者が2016年は79人だったが2020年は110人とこちらも増えている。社会保険労務士の合格者も2011年は50歳以上が全体の22.6%だったが、2020年には27.5%に増加した。

元資格学校の講師で、現在は社会保険労務士として活動する須田美貴氏が次のように説明する。

「各監督官庁によって統計のとり方がバラバラなので横並びで比べるのは難しいのですが、弁護士や公認会計士、司法書士などいわゆる士業の資格でシニアの受験者が増えているのは事実です。今年4月に改正法が施行された高齢者雇用安定法の中で70歳までの定年引き上げや継続雇用制度の設置が努力目標として掲げられたおかげで、少しでも長く働きたいというシニアが増え、そのために資格を持っておけば有利だろうという考え方が広まったことなどが背景にあります。ただ、資格取得後の現実は結構シビアなんですよね」

前出・吉田さんが、ため息交じりに語る。

「私は市の公務員だったのですが、保健所に出向している時に、自分より若い上司がやってきた。その人が医師免許を持っていたということもあり、資格というものの権威にやっかみ半分の憧れがあったのです。公務員を退職するのと同時に退職金と貯金をつぎ込んでマンションを購入したのです。うちは子供がいないからなんとかやっていますけど、女房からは“なんでマンションなんか買ったの”と嫌味を言われる毎日です」

東京都大田区在住の大塚圭吾さんも理想と現実のギャップに苦しめられている。

「独立するなら不況に強い不動産関連がいいと友人に薦められたからです」 不動産鑑定士の業務は公示地価や都道府県地価の調査など公的な機関が相手になることが多いので収入が安定していると、資格学校のパンフレットには書かれていたという。

大塚さんは輝く未来を夢想しながら励んだ。 しかし、不動産鑑定士としての収入はゼロになってしまい今では小さな不動産屋に再就職して細々とやっている。

シニア世代の人材紹介サービスで知られる株式会社シニアジョブの中島康恵代表が説明する。

年齢に関係なく、資格を取ってからその分野で下積みをするくらいの心構えがないとだめだと思います」

前出の須田氏は「資格も大切だけど、経験はもっと重要だ」と言う。労働条件の話し合いなどに活かせるようにシニアになってから社労士の資格を取得したのだそうです。資格と経験の両方を兼ね揃えている人材ですね。 こういう人は独立してからも成功しやすい」

“経験”について須田氏が続ける。 こうした負の経験も資格と組み合わせることで大きな武器になるのです」 資格は持っているだけでは意味がない。 武器にするためには相応の努力・経験が必要なのだ。

出典:https://www.news-postseven.com/archives/20211101_1703252.html?DETAIL

注目ニュース