インターネット記事

高齢者の見守りロボットでコロナ禍の孤立防止 阪南大研究室とベンチャー企業が共同開発

阪南大の松田健教授の研究室はこのほど、ベンチャー企業ロボ・スタディと共同開発した、音声認識人工知能搭載の高齢者見守りロボットの販売を開始した。

販売は、インターネット上で購入を募るクラウドファンディング形式で実施。1台5万3940円で購入を呼び掛けている。

ロボットは、新型コロナウイルス感染症の影響で、家族と会う機会が減少している高齢者のために開発した。音声認識AIを搭載し、高齢者の話し相手になりながら、体調などの異常を音声や音で認識し、異常があれば家族や管理者に連絡する機能を備える、という。

朝に高齢者の健康を評価して家族に結果を通知したり、設定すれば薬を飲む時間などを音声で知らせたりできる。 ロボットを通じたメールなどでの家族への連絡も可能。

出典:https://ovo.kyodo.co.jp/news/culture/a-1691262

注目ニュース