インターネット記事

相続した古い空き家、売却すれば「3000万円の特別控除」も…

相続した空き家やその敷地等を売却した場合、特例により、譲渡所得から3000万円を控除して節税できる場合があります。 この特例を受けるためには、売却まで空き家のままにしておく必要があり、一時的に自分が住んだり人に貸したりすると、適用対象外となることもあるので、空き家の売却を考えている場合には、その取扱いには注意が必要です。

被相続人がひとりで住んでいた住居を相続し、一定期間内に売却した場合、譲渡所得から3000万円を控除した額が課税価格となり、税金が安くなります。これを「相続等により取得した空き家を譲渡した場合の3000万円特別控除の特例」といいます。

この特例は、空き家をなくすことを目的にしているため、原則として、死亡時に被相続人が自宅でひとり暮らしであったことが適用の要件となります。

ひとり暮らしの老人が老人ホーム等に入所し、自宅が空き家となった後に亡くなった場合でも、(1)被相続人が要介護認定や要支援認定等を受けており、(2)老人ホーム、介護医療院、サービス付き高齢者向け住宅等に入所し、(3)入所後死亡するまで、主としてその老人ホーム等に居住し、(4)入所後死亡するまで、自宅が被相続人の物品の保管等に使用されており、事業や賃貸などに使用されず、被相続人以外の者が居住していなかった場合には、この特例の対象になります。

適用条件についてはソースにて
出典:https://gentosha-go.com/articles/-/37745

注目ニュース