インターネット記事

30歳で始めたバレエに魅了され…大企業の会社員に起業を決意させた中高年女性の笑顔

中高年世代の健康作りにバレエを活用した運動プログラムを提供する大阪・淀屋橋「ハピバス(Happy Ballet Stretch)」の代表・藤井治子さん。

大阪の一部上場企業で事務職としてデスクワーク続きだった30歳の頃、「何か運動をしよう」と飛び込んだ文化教室の大人向けバレエ講座。「バレエ教室の大人クラスはやっぱり初心者には敷居が高くて。文化教室の新規講座だったら入りやすいかなと申し込んだら、生徒は2人だけでした。

1年が過ぎた頃、藤井さんは自分の体に現れた変化に驚きました。ストレッチ要素もあるので、体の内側に質のいい筋肉が増えたので、血流が良くなってポカポカしたんでしょうね。偏頭痛の頻度も減って、肩こりや腰痛も軽くなりました」

バレエを始めて6年目の2013年に転機が訪れました。介護福祉士を目指すバレエ仲間から実習先の老人ホームで空きスペースを借りられるという話が舞い込み、6人ほどのメンバーで「ボランティアでバレエを教えてみよう」と一致団結。バレエの基本的な立ち方やステップで高齢者でもできる動きを教えてみることに。

。老人ホームで出会った数多くの笑顔に背中を押され、バレエ仲間の1人と一緒に2013年、大阪・堺に「エイジレスバレエ・ストレッチ」を起業しました。目指すは「誰でも何歳でも気軽に始められ、一生続けられるバレエを活用した運動プログラム」。バレエ講師や医師、音楽家らにアドバイスを求めながら試行錯誤を繰り返し、およそ4年をかけて独自のプログラムを制作しました。

生徒は40代から80代までと幅広く、9割以上がバレエ初心者。最初はジムに行くような動きやすい服装からスタートするものの、バレエシューズを履いてレッスンを重ねるうちに「皆さん、だんだんバレエらしいエレガントな服装に変わっていきますね」といいます。

「生徒は今、100人くらい。60~70代が6割くらいで、最高齢は86歳の方で80代も多いですが80代には見えない若々しさです。特にレッスン中は背筋が伸びて、本当にきれい。皆さんの自信にもなるようです。でも、レッスンが終わった途端に背中が丸くなる方もいて、まっすぐ伸ばしたまま帰ってくださいねって言うんです(笑)。その姿がまた、かわいらしいんですけど」

出典:https://hint-pot.jp/archives/95391

注目ニュース