インターネット記事

マッチングアプリで出会った高齢者から3億円搾取。27歳容疑者女の「連れ込み部屋」

大阪府八尾市で、高齢男性から「パパ活」で1600万円を騙し取ったとして、9月28日に無職・西村恵梨奈容疑者と、知人で自称投資家の吉田清一容疑者が逮捕された。被害者は他に40人以上、被害総額は3億円にのぼるとみられている。

西村容疑者は、吉田容疑者の指南を受けて被害者から大金を巻き上げていたと報じられているが、その詳細な手口が判明した。全国紙社会部記者が明かす。「西村は複数のマッチングアアプリを使い、高齢男性たちに接触していました。1600万円騙し取られた男性は退職金から工面したそうです」

共犯の吉田容疑者については、今年7月には警察が内偵を始めており、吉田容疑者の自宅近くには、部屋を監視するためのカメラが仕掛けられていたという。

西村容疑者は言葉巧みに金銭を要求するだけでなく、マッチングアプリで出会った高齢男性を実際にマンションの自室に連れ込んで“パパ活”に励んでいたというから驚きだ。

西村容疑者と同じ階に住む男性A氏が話す。

「え? 普通の、茶髪でおとなしそうな女性だったよ」

西村容疑者が住んでいたマンションは、近鉄八尾駅から徒歩5分ほど。繁華街から少し離れた閑静な住宅地にある、築35年のレトロな外観だ。

別の住民B氏に話を聞くと、驚きを隠せない様子で明かした。

「このマンションの住民が逮捕されたって? 」 B氏によると、西村容疑者らしき女性は、今年の6月ごろから年配男性と一緒にいることが多く、いつも「違う男だった」という。

「とにかく、毎回違うじいさんと一緒なんだ。 だから、そういう“商売”をしているのかなって」 他の住民の話も総合すると、西村容疑者らしき女性が定期的に部屋に「連れ込んでいた男性」は4人ほどで、20代の男性も1人いたようだ。

「それにしても、そういう“商売”では男性がホテル代を支払うものだろう? それが、1600万円とはねぇ……」

住民C氏によると、集合ポストの西村容疑者の郵便受けは「いつもメルカリ(フリマアプリ)で頼んだような宅配便でいっぱいだった」という。

現在、西村容疑者の「連れ込み部屋」は、何者かにより片づけられていた。 警察は西村容疑者と吉田容疑者の余罪を追及しているといい、事件の全容解明には時間がかかりそうだ。

出典元:

注目ニュース