インターネット記事

カップヌードルにビール…復刻商品 続々発売のワケ

今、過去に売られていたものが、復刻商品として再び発売されるケースが増えています。

横浜市にある新横浜ラーメン博物館。ラーメンの歴史と名店の味を楽しめる施設ですが、その中に駄菓子を売る「夕焼け商店」があります。

売れ筋は初代の復刻版のベビースターラーメンです。この店では1973年の初代パッケージと現行のパッケージの2種類が売られていますが、復刻版の方が10倍も多く売れているといいます。

おやつカンパニーの高口裕之取締役は「コロナで精神的にも皆さん、不安定な状況だと思います。日本が成長し活気のあった時代に対して、深層心理的に興味を持っていくという背景があるのではないか」と話します

ファミリーマートでは、サントリーのウーロン茶が1981年の発売当時の姿で復刻販売されています。中高年世代には懐かしさを感じさせる一方、若い世代には新しい商品として受け入れられ、人気となっています。

そんな中、アサヒビールが28年ぶりに復活させたのが「アサヒ生ビール」、通称マルエフ。 約1ヵ月で年間計画の半分が売れるほどのヒットになったため、一時休売となってしまいました。その味はアサヒスーパードライの対極にあるといいます。

バンダイが復刻したのが、2007年に発売し300万個販売のヒットとなった「∞(ムゲン)プチプチ」。 「緊急事態宣言が初めて発令されたタイミングで、ストレスが溜まっていた時期があり、今の時代に∞プチプチが復刻したら面白いのではないかと思ったのが、開発のきっかけです」

本物の感触に近づけるため、今回は空気を閉じ込める構造に変更。リアルさが受け、約1ヵ月半で3万個を売るヒットになりました。

企業が復刻商品を続々と売り出す理由について、ニッセイ基礎研究所の久我尚子上級研究員は「企業としては強迫観念のように、世の中にどんどんどんどん新しいものを出していかないといけないと考えていたかもしれないですが、今の消費者の需要からすると古いものの方が響きやすい」と説明します。

古いブランドを掘り起こす復刻商品にこそ、新たなビジネスチャンスが隠れているのかもしれません。

出典元:https://news.yahoo.co.jp/articles/1bc66d99163ca955a3e03c7a48909ba0c3c51ab8

注目ニュース