インターネット記事

人生100年時代”を生きるヒント「若さの秘訣は、年齢や肩書にとらわれないこと」

画家・松井守男……コロナ禍の日本で国内で名前が知られるようになった、フランスを拠点に活躍する画家だ。 2020年日本に滞在中に新型コロナウイルス感染症が発生。 そのときにNHKの『日曜美術館』に出演。「コルシカのサムライ NIPPONを描く 画家・松井守男」というタイトルで放送された回は、歴代トップクラスの視聴率をマークする。

松井守男 1942年愛知県豊橋生まれ。 武蔵野美術大学造形学部油絵科を卒業。 同時にフランス政府奨学生として渡仏。 パリを拠点に制作活動を始め、アカデミー・ジュリアンやパリ国立美術学校に学ぶ。 そのときに、晩年のピカソと出会い5年間の交流をする。 1985年『遺言』を発表。 高い評価を得る。 2000年にはフランス政府より芸術文化勲章、2003年にはレジオン・ドヌール勲章を受章。 現在はフランス・コルシカ島のほか、長崎県五島列島にもアトリエを持ち国内でも制作を行っている。

若さの秘訣は、年齢と肩書を捨てること フランスでは“光の画家”としてその名が知られている画家・松井守男。 日本では最近まで“知る人ぞ知る画家”だった。

「私は60年近くフランスで活動しています。 つまり、日本では無名の私が出演する『日曜美術館』を多くの日本人が見てくれたのです」

番組は、松井が瀬戸内海の小さな島の光に魅せられ、「ここで世界をアッと言わせる絵を描く! 」と瀬戸神社の襖に巨大な新作を描く様子を追っている。 無邪気であり真摯、命がけで絵に向かう松井の姿に心打たれる。 この回は歴代トップクラスの視聴率をマークする。

「それまで僕は、日本人は権威主義だと思っていました。 そして、僕はコロナ禍を機に、祖国でも拠点を持ち、アートの楽しさや喜びを伝えていきたいと感じたのです」

松井は現在、79歳だ。 画面を通して観る以上に、実物は若い。 年齢を感じさせないエネルギーが溢れている。 まずはその秘訣を伺った。

「それは年齢や肩書にとらわれないことです。 その最高のものを購入して家に置き、日々眺めることで感性は磨かれていくのです」

私たちは、社会が“いい”とされるものを評価し、そこに自分の感性を矯正してものを見ている部分がある。

「合わせる必要はないんです。 “老人は老人らしく生きる”ということにとらわれずに生きれば、その瞬間から人生は変わるとお話しました」

日々、アートを感じて、自分を解放する 実年齢より若く生きるコツを聞いてみた。 「フランス人を例に出しますが、彼らは年老いても若い。 自分が思い、何を選ぶか。 僕自身、食事などは関係ないと考えています。 フランス人はバターをたっぷり使った脂っこい食事を食べていますが、健康で長生きしています。 入院したり、寝たきりにならず、毎日の生活を楽しんでいます。 その秘訣はアートの存在もありますが、どうもワインがいいようですね。 適度なアルコールと、それによるコミュニケーションが心身にいい刺激をもたらすようです。 あとは、バカンスをしていること。 日常を断ち切る時間を持ち自分を解放すると、とらわれているものが減るのです」

とはいえ、日本はバカンスに行く前にとらわれるものが多い。老後資金に2000万円が必要と言われ、足りないことに恐怖を覚え、長生きのリスクにおびえる人も多い。

「それでお金を溜め込む。 対峙しているとエネルギーがその身体から吹きあがっていることを感じる。 日本には、親子関係がうまくいっていない人も多い。 子供に勉強をさせて学歴をつけさせたり、「きちんと普通にまっとうに生きろ」とばかりに、やりたいことを我慢させる子育てをする人が多いからだ。

あと、子供がいる人もいない人も、旨い話を疑うことは重要」

松井の元にも、特殊詐欺の電話がかかってきたという。内容は「多額の遺産があり、その受取人になるには弁護士に300万円支払わなければいけない」というものだった。

美大時代の下宿先だった美しき令嬢との恋、留学直前に出版社の社長に手紙を出し「アルバイトをさせてほしい」と依頼し採用され、様々な作家の原稿取りをした日々など、松井の人生は自由そのものだ。

そんな中で生活していると、やはり変わっていきます」 パリで壮絶ないじめに遭い、さまざまなものを見て、さまざまな経験をした松井に、最近驚いたことを聞いてみた。 不当な扱いを受けていると思ったら、声を上げる……それが、あなたの健康と若さだけでなく、よい社会と未来につながって行くのです」

出典元:https://news.yahoo.co.jp/articles/c8ead8aacf426e1d09aa9dd0ce163370fcfb79fc

注目ニュース