インターネット記事

50代女性の転職は可能か?「ブランクがある場合の情報収集のポピュラーな方法は2つ

50代からの職業人生を再スタートしたいと思ったとき、どのような心構えが必要で、どのような準備をしたらいいのでしょうか。

今回は、『50歳からの逆転キャリア戦略』など、多数の著書を持ち、400社以上で人材育成のコンサルティングを行う株式会社FeelWorks代表取締役の前川孝雄さんに、50代の女性が「仕事に復帰したい」「働き始めたい」と考えたときに、まずどんな行動をしたらいいのかについてお話を伺いました。

-まず50代・女性 ・離職期間のあるという条件での雇用状況についてお聞かせください

前川孝雄さん:厳しいことから申し上げますと、「50代の女性で、仕事のブランク期間がある」場合、離職前と同じ待遇の仕事に就くのはとても難しいのが現実です。 ある女性が20年前にそれなりの規模の企業の社員で働き、結婚や子育てのために一度辞めて50代を迎えたと仮定します。

-転職において年齢はネックになるようですが、50代の女性ならではの強みもあるのでしょうか。

前川:たとえ仕事のブランクがあったとしても50代の女性ならではの強みはあります。 同年代の男性は、勤めている企業が大手かどうか、上場しているかどうか、役職についているかどうかなど、自分の「ポジション」にこだわる傾向が見られます。その点、女性は、仕事の世界から離れていたとしても、親戚付き合い、ママ友、地域のコミュニティー、趣味、パート仲間など、いろんな居場所を持っており、仕事以外の世界で高いコミュニケーション能力を発揮し、充実しているケースが多い傾向があります。 仕事以外のさまざまなコミュニティーで培われた人間関係構築能力については、伝え方次第で企業側へのアピールポイントになり得るかもしれません。

前川:ここまでマイナス面とプラス面についてお話しましたが、離職期間を経て再就職を望む女性からはよく「やりたい仕事ができない」という悩みが聞かれます。 とはいえ、激変する労働市場においては「自分がやりたいこと」と「人材を必要としているところ」は必ずしもマッチするわけでありません。

ブランク期間を経た正社員を目指す転職であれば、以下の2つの方法が最もポピュラーな方法です。 求人を掲載する上で、企業側の負担は基本無料のため、中小・零細企業や個人商店などの求人まで幅広く取り扱っている。 門戸は狭くなりますが、非公開の求人情報を取り扱っている人材紹介会社を利用したり、企業内のホームページから問い合わせてもよいでしょう。 選ばなければ、50代女性も仕事はある -昨今では人手不足の問題も深刻です。

前川:最初に「50代の女性の仕事事情は厳しい」と申し上げましたが、それでも「仕事は選ばなければある」「まずは、動かないことには見つからない」ということを覚えておきたいものです。 業種別に見てみると、福祉、サービス、医療、飲食などの業種は恒常的な人材不足に悩まされています。

新型コロナウイルスによるネガティブな影響はありますが、最近まで、新卒の学生は「売り手市場」といわれ、中小企業に若い人材が集まってこない状況にありました。そのため、若者の採用はあきらめて、中高年層の採用に力を入れている中小企業は少なくありません。

企業のカラーにもよりますが、場合によっては50代以降でも「がんばってもらえるならぜひ来てほしい」ということもありえます。「いろんな経営者がいる」「いろんな会社がある」と踏まえた上で、最初から正社員という形態にこだわらずに、一度働いてみるのも一つの手段ではないでしょうか。

自分のスキルに自信がなかったり、相場感がつかめない場合は、「一度失敗してもいいから試しに働いてみよう」という気持ちで飛び込んでみることも大切です。 ブランク期間が長くて自信がないのなら「まず働いてみる」ことも大切

-最後に、50代からの転職で前川さんが見聞きした印象的なエピソードがあれば教えてください。

前川:結婚後に家庭に入って3人の子どもの育児に専念していた女性が、末子が手を離れたのをきっかけに外資系企業の輸送現場でパート勤務を始めました。 そのことで上司の評価を集め、正社員に登用され、劇的な昇給を経験していました。

これは1つの例にすぎませんが、その人の強みは資格やキャリア経験のみに表れるものではない、という象徴的な例ではないでしょうか。 求人市場を分析したら、自分の強みと弱みを分析し、「働く目的」「やりたいこと」を掛け合わせて、雇用形態にこだわらずにまずは働いてみることも一つの手段です。

詳細は出典元にて:https://news.yahoo.co.jp/articles/f1e84b908ac4b6335750af9373dcc073e8a96e4e

注目ニュース