インターネット記事

家屋点検で不具合偽る「点検商法」、高齢者から62万円詐取…リフォーム会社員逮捕

不要な家屋修繕を行い、高齢者から現金を詐取したとして、警視庁は住宅リフォーム会社「三共住建」社員の男を詐欺と特定商取引法違反容疑で28日に逮捕した。

捜査関係者によると、男は昨年12月、東京都大田区の戸建て住宅を訪問。床下を見た後、住人の80歳代女性に「土台がボロボロで、工事が必要だ」とうそを言い、防腐剤の散布など不要な工事を行って、リフォーム代金として約62万円をだまし取った疑い。

同社は新型コロナウイルスの感染が拡大した昨年春からリフォーム業を始め、複数の社員が営業や工事を行っていた。会社口座には約1億円の入金があり、警視庁が実態を調べる。

出典元:https://news.yahoo.co.jp/articles/bf84e53a422b363f3b6f1c025fb1075e99d604bf

注目ニュース