インターネット記事

【日清食品】気付かないで食べられる「完全栄養食」を開発中

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」に日清食品株式会社代表取締役社長の安藤徳隆が出演。今後の目標について語った。

黒木)日清食品が現在取り組んでいらっしゃる「完全栄養食プロジェクト」、見た目や美味しさはそのままに、必要な33種類の栄養素をバランスよくすべて摂取できる食事ということなのですけれども、自宅やお店でいただけるということなのですか?

安藤)まずは皆さんが普段行かれるスーパーさんやコンビニさんでも、お弁当やお惣菜、冷凍食品として購入できるようの、商品化について検討をしています。健康診断に引っ掛かってしまった方、すでにお薬を飲まれているような方に、集中的に完全栄養食を食べていただいて、それを予防する。シニアの方を対象に、小さなポーションのなかにカロリーとシニア特有の栄養を詰め込められた食みついても。

黒木)安藤社長は、「完全栄養食と気付かないで普通に食べる」というのが重要なポイントだとおっしゃっておりますけれども、その辺りはどのような目標を持っていらっしゃいますか?

安藤)健康的なものを意識して食べるというのは、大変なことだと思うのです。

黒木)とんかつならとんかつという1食があるではないですか。そのなかにすべて33種類の栄養素が入っているということですか? 安藤)

すべて入っていますし、糖質も脂質も塩分も、カロリーまですべてコントロールされています。

黒木)3食いろいろな献立で違うものを食べても、カロリーオーバーにならない。

安藤)自分で設計したカロリーが摂れます。

黒木)やはり未来の食ですね。

出典元:https://news.yahoo.co.jp/articles/7ded35cbbc0ef3e31133960c6806a352167ddcab

注目ニュース