シニアの話題

「鼻マスク」市議 発言許可されず。注意無視で市議会は紛糾【大分・臼杵市】

FNNプライムオンラインより

コロナ禍の今、マスクをめぐるある議員の振る舞いが物議を醸している。

9月21日に開かれた臼杵市議会の決算委員会。若林議員はマスク姿で現れた。目を閉じて席に座る。しかし議員の口元を見ると、マスクから鼻が出た状態。

議会ではマスクを正しく着用することを申し合わせていることから、委員長から若林議員に対し注意が与えられた。

委員長から注意を受けたあとも、若林議員は鼻を出したまま。発言を求めたが、委員長からはマスクの着用を求める注意が続いた。委員長は、注意を無視する若林議員の発言を一切認めなかった。

今後もマスクを正しく着用しなければ議会で発言できないことについては、「最終日の本会議において、同じ対応をして同じことになるのであれば、法的手段を検討します」」と反発した。

若林議員をめぐるマスクのトラブルは、これが初めてではない。

若林議員は8月、市内の中学校周辺などでマスクを着けずに新型コロナワクチンの接種停止を求めるチラシを配布。市には、子どもからチラシを受け取った保護者などから苦情や抗議の電話が殺到した。

不安に思う市民からの苦情をどう考えるのか。 若林議員は次のように主張した。

若林議員「私としては間違った情報を出しているつもりはありませんので、苦情を言われる方は自分の考えと違うということもあろうかと思いますけれども、私は恣意的に何かを曲げたりとかじゃなくて、今の現状をきちんとお伝えしたいということだけをやってきたつもりです」

議会で発言が許可されなければ「法的手段も検討する」と発言した若林議員に対し、議会側は「適切に対応していきたい」とコメントしている。

出典元:https://news.yahoo.co.jp/articles/9f1af4b2b86928d9d0d57bdf1a4d84212fc07671

注目ニュース