インターネット記事

高齢おひとりさま2人1人が貧困 オンライン環境なく孤立深まる

(写真:PantherMedia/イメージマート)

 

シルバーウイークまっただ中の現在。コロナ禍の影響でひきこもりがちであるものの、年金で豊かな余生を送る高齢者のイメージが強いかもしれない。

しかし現実には、高齢者間の経済格差は激しく、生活保護受給世帯の半数以上が高齢者世帯であり、無年金や年金だけで暮らせない人が少なくないことが明らかになっている。65歳以上のおひとりさま女性の貧困率は46.1%と約2人に1人が貧困である。

また日本は海外に比べ、高齢者の就労率が突出して高い国であり、65歳~69歳の約半数、70歳~74歳の3人に1人が就労しており、労働力人口に占める高齢者の割合は年々増加している。

2021年4月には「改正高年齢者雇用安定法」が施行され、企業が高齢者に就労機会を確保しなければならない年齢は65歳から70歳にまで引き上げられた。

”生涯現役”を願う人がいる一方、年金収入が低いため、仕事を続けざるを得ない場合もある。特に高齢者はコロナ禍が長引く中、ひきこもりがちな生活が続くことで、健康や認知機能の衰えなど、さまざまな問題が現れてくる人も少なくない。

「私は家にいることが苦にならないタイプですが、友だちと出かけるのが好きな人、外で活発に活動してきた人ほど、ステイホームによるダメージが大きいと感じています」(大矢さん) わくわくシニアシングルズが2016年に実施した調査では、高齢単身女性の年金受給額は月額10万円未満が5割を占め、半数以上が働いており、その大半が非正規雇用であることが明らかになっている。

高齢おひとりさまと一口にいっても、雇用状況や家族構成によって年金受給額は異なる。

一方、この1年ほどでスーパーのレジは自動化され、外出するにもネットによる事前予約が必要などオンライン環境がない、教えてくれる人が側にいない高齢者の生活の質は著しく下がっている。

かつて人数が多く、投票率が高い高齢者の意見が優先されがちな世の中は、”シルバーデモクラシー”などと揶揄された。

しかしSNSで個人が意見を述べ、ツイッターデモなど世の中を変える動きがある中、その手段をもたない高齢者の意見は届きづらくなっていると感じる。

出典元:https://news.yahoo.co.jp/byline/iijimayuko/20210922-00259426

注目ニュース