MENU

吉田拓郎はすべての活動に終止符…歌手の引退決断は「運転免許返納」くらい難しい

「80歳になる来年5月で歌手引退」を宣言している橋幸夫。加山雄三(85)や吉田拓郎(76)は今年、相次いで引退を発表した。

加山は年内でコンサート活動から引退。吉田はすべての活動に終止符。7月21日の「LOVE LOVEあいしてる」(フジテレビ系)が最後のテレビ出演になる。

芸能界での引退宣言は大半が女性。山口百恵・高田みづえらは結婚を機に引退。安室奈美恵と森昌子は“すべてをやりきった”ように引退していった。男性の引退宣言は珍しいが、高齢によるものが大半だ。

「歌手の場合、体力はあっても問題は声。酷使され続けた声帯は勤続疲労を起こす。本来の声が出なくなれば、聴きに来るお客に対して失礼。歌手としてのプライドも許さない」(音楽関係者)今後も引退する歌手は出てくるだろうが、正式な引退宣言が必要か否かの判断は課題だろう。

スポーツ界は体力の問題で引退年齢は若く、引退後はセカンドステージへと進む。芸能界の場合、女性は“結婚”という第二の人生を選択することもできるが、男性は「生涯の仕事として、声が出なくなるまで歌い続けたい」という人が多い。

芸能界も高齢と共に仕事が減るのは当然だが、活動しない時期が増えても、あえて引退宣言する必要はない。それは運転免許返納にも似ている。年齢的に運転する機会も減り「もう運転は無理かもしれない」とわかっていても、返納すれば「二度と運転できなくなる」という思いも起こる。「また運転できる機会、運転しなければならない状況ができるかもしれない」と、返納できないでいる後期高齢者も少なくない。

運転を歌に置き換えれば、引退の決断がいかに難しいかがわかる。76歳で決断した吉田のラストアルバムのタイトルは「ah─面白かった」。歌手人生を振り返って正直な気持ちをタイトルにしたのだと思う。

引退する歌手がいる一方で、昭和の歌謡史を飾った歌手が集いコンサートを続けているのが「夢グループ」主宰の「夢スター春・秋」。総勢20人ほどの歌手の最高齢は黒沢年雄・尾藤イサオの78歳。若くても60代前半。高齢者になった往年の歌手がかつてのヒット曲を届けている。会場に足を運ぶと、「なるほど」と思う面が随所にあった。

会場はほとんど関東近県から地方の小都市の客席1000人規模の会場。お客の大半は青春時代に夢中になった歌手のヒット曲を生で聴きたいという高齢者だ。

「今の若い歌手の歌はわからないし、なじめない。若い頃に聴いていた歌手が生で歌を聴かせてくれる」と60代の婦人はペンライトを持って応援する。そのステージも極めてシンプル。スポットライトを浴びて登場するステージ衣装も昭和が蘇ったように色鮮やかなドレスやタキシード。お辞儀の角度や時間まで“美しい”。昭和の時代は、お辞儀の作法も歌謡界の教育の一環だったと思う。

先日、亡くなった葛城ユキさんも出演者のひとりだった。がん治療から1年ぶりに復帰。最後のステージは車椅子だった。歌手のひとりに話を聞いた。「一般の仕事と同じで、隠居すれば体も弱るし老け込む。歌っているほうが元気でいられるし若さを保てる。基本、歌うのは1曲。体の負担も少ない。かつての歌手仲間と昔話に花を咲かせる機会ができるのも楽しい時間ですよ」

歌手も高齢化の時代。さまざまな思いが交差する。

引用元:

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次