MENU

電話で話しATM操作する女性 事情聴いた郵便局員が詐欺被害防ぐ【埼玉】

還付金を装った詐欺被害を未然に防いだとして、埼玉県の西入間署(新井誠署長)は13日、東坂戸団地内郵便局職員の中野芳江さん(51)に感謝状を贈呈した。

同署によると4月25日、来局した女性(77)が携帯電話で話しながらATMを操作しているのを不審に思った中野さんは、女性に電話を切ってもらい事情を聴いたところ、女性が「坂戸市役所職員から高齢者保険の還付金があるのでATMの前で電話をしてください、と指示された」と話したため、還付金を装った詐欺だと判断。局長を通じてホットラインで同署に通報し、被害を未然に防いだという。

感謝状を受け取った中野さんは「詐欺被害の防止に貢献できて良かった。今後もお客さまが被害に遭わないよう、注意して見守りたい」と協力を誓う。新井署長は「ちゅうちょせずに声をかけ、被害を防止していただきありがたい」と述べた。

引用元:https://www.saitama-np.co.jp/news/2022/05/18/05.html

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次